好きと嫌い

タケパパさんは大好き。恋愛感情の大好きじゃなくて、

お父さんみたいな大好き。

でも大嫌い、私にあんなことしたんだもん。

エネルギーとはいえ、汚したのはひどすぎる。

大好きだけど大嫌い。

いつも見ているからパパさんになってしまった。

生まれ変わったらあの人の娘になりたいな。

面白いだろうな。

でも、大好きなんて言ったら、主人が悲しんじゃうから

なるだけそう思わないように嫌うようにしてる。

好きなんて言ったら、大好きな大好きな愛している主人が

悲しんじゃうから。

私が一番好きなのはパパさんじゃなくて主人。

一番私を守ってくれているのは大好きな主人だもん。

やっぱり主人が一番好き

パパさんは嫌い